海外旅行はキャッシュカードを利用して安全便利に使用する

通貨のレート

お金と財布

キャッシュカードとは、銀行や信用金庫などの口座にお金を預け入れたり、預けてあるお金を引き出したりする際に使うカードです。
しかし昨今では、借り入れに使用することのできる、カードローン機能がついているものも増えてきています。
たとえば口座の残高が0円の場合には、基本的にはお金を引き出すことはできません。
しかしカードローン機能がついているキャッシュカードなら、残高が0円でも借り入れという形で現金を手にすることができるのです。
もちろん限度額が設定されているので、その範囲内での借り入れとなります。
また、借り入れしたお金は、口座から自動的にリボルビング払いで返済されます。
そのため利用後には、口座に入金することが必要です。

以前は、手元にお金がない場合にはサラ金を利用する人が多くいました。
しかしサラ金は、借り入れできる限度額と金利とが高かったため、多く借り入れしすぎて返済に困る人もまた多くいました。
そのため国は、借り入れ限度額や金利を下げることを法律で決めました。
それによりサラ金は、計画的な借り入れのしやすい消費者金融となりました。
ところがキャッシュカードによる借り入れの場合、さらに低金利での利用ができます。
消費者金融での借り入れの場合は、借り入れする金額にもよりますが、金利はだいたい18%ほどです。
それに対してキャッシングカードを利用した場合は、10%前後の金利となることが多いのです。
このようにお金の借り入れは、時代の流れとともにどんどん便利におこなうことができるようになってきているのです。